メニュー


【仙台】任意売却相談センター

【仙台】任意売却相談センター

住宅ローン・事業資金返済に困ったら「任意売却」という解決法がお勧めです!
■景気後退の影響で給与・ボーナスが減少してしまい年収が大幅ダウンした方
■離婚などの理由によりローン返済が困難になった。又は住宅を手放したい方
■運営会社の業績が悪くなり事業継続が困難になり、ローン滞納をしている方
■裁判所から「競売開始通知」が届いている方
競売のデメリット
  • ● 不動産業者が転売目的で落札する為、競売価格が安い。
  • ● 競売価格での落札となるので債務が多く残ってしまう。
  • ● 転居にかかる引越費用などは自己負担となってしまう。
  • ● 残債の返済交渉が不利になってしまう。
  • ● 落札後は強制退去させられてしまう恐れがある。
競売のデメリット
  • ◎ 本来の相場価格に近い値段で売却可能。
  • ◎ 残債を少しでも多く減らすことが可能。
  • ◎ ほとんどのケースで引越代がもらえる。
  • ◎ お客様ご自身の意思判断で決断できる。
  • ◎ 身内の協力が得られれば住み続けられる。

任意売却は、債務者を守る為の解決法です。

通常ローンの滞納を続けると、債権者(各金融機関)が担保不動産を差し押さえ、競売の申立を行います。 しかし、競売手続が行われる前(競売入札が行われる前)ならば、任意売却が可能です。
任意売却とは、債権者と債務者の間に仲介業者が入って交渉することにより、双方の納得できる不動産 価格を設定、合意に至れば通常の不動産売買と同様に不動産を売却することができる、ということです。 任意売却で売却すれば、債務者は残債の整理縮小や債務の再構築を行いやすくなるなどさまざまなメリ ットがあります。また、「自分の意志で」売却するということが精神的な負担を軽減、前向きな姿勢で 再出発することができるのです。

任意売却費用は一切掛かりません。

売却相談費用や売却決定後の成功報酬金などは、任意売却価格に含まれておりますのでお客様が新たに ご用意頂く事はございません。成約後は、通常の不動産売買と同様に任意売却価格×3.15%+6万円を 売却費用から頂きます。

任意売却の流れ

1.専任媒介契約
当社と専任売却契約の締結を行うことで債権者と交渉を行うことができます。物件の近隣相場価格等をリサーチした上で売却金額設定を行い、債権者の同意を得て販売を開始致して購入者を探します。

2.購入者が見つかったら債権者と交渉
債権者に対して売却物件の抵当権解除及び差押さえ取り下げの交渉を行います。売却価格の分配表を作成し提出を行い交渉成立に向けて努力します。お客様のご希望があれば転居先の探しも行っています。

3.債権者との合意・売買契約
売買契約の締結後、決済を行います。その後、購入者へ物件の引渡しを行います。
交渉次第では、債権者が引越代金を負担して頂けるケースがあります。

任せて安心の理由

1.お客様からご相談頂いた内容・情報は秘密に厳守しております。

2.お客さまがご用意いただく費用は一切ありません。

3.残債処理・引越費用なども具体的にアドバイスしております。

オフィシャルLINE

Comodo SSL

サイトのデータは暗号化されています